証拠を掴む調査

HOME » 証拠を掴む調査

証拠を掴む調査

・証拠がなければ警察は動いてくれない
近年、ストーカー被害に悩まされている女性がとても多くなっており、その中には何度か警察に相談したことがあるという人も多いと聞きます。
テレビを見ていても警察にたびたび相談していたにも関わらず、ストーカーによって殺されてしまったというニュースをたびたび見かけますし、この問題は年々深刻化していると言っていいでしょう。

それではなぜ警察に相談しているにも関わらずストーカーによる殺人事件が起こってしまうのかと言うと、簡単に言えば事件性が明確になっていない限り注意することはできても逮捕することはできないからです。
いくらストーカーをされている本人がされていると言っていても、その事実が確認できない以上警察としてもその人物を捜査対象にすることはできませんし、してしまった場合明らかに偏ってしまうことになります。
つまり事件性が明確にならない限り警察が動いてくれることはないので、警察にストーカーに関する相談を最初からするのは実はあまりおすすめではないのです。
警察はあくまで証拠があってはじめて動いてくれると認識しておき、その前にストーカーの情報収集をしっかりすることを意識したほうがいいでしょう。

・証拠を掴む調査なら探偵がおすすめ
ストーカー行為をしているという証拠を掴むためには探偵に依頼するのがベストで、調査自体は自分だけでもできることはあるものの、探偵に依頼すれば探偵にしかできない調査もしてくれるので大変心強いです。
たとえばストーカー行為をしている人間の中には部屋に忍び込んで盗聴器をしかけている者もいますが、この盗聴器を見つけ出すにはプロの技術が必要になることがあります。
盗聴器とひと言で言ってもいろいろなものがありますし、中にはかなり高性能な盗聴器もあって見つけるのがかなり難しい場合もあります。
そんな盗聴器も探偵なら見つけることができますから、まずはストーカー行為をされているかもしれないことを相談してみてください。

探偵側としても証拠を掴めるだけの材料がそろっていれば依頼を受けてくれるはずですので、ある程度自分でできることはやっておいて、できないことを任せるというほうがいいでしょう。
とは言ってもあまりにも無理し過ぎてしまうとストーカーに調査していることがバレてしまうかもしれませんので、そのあたりの調整はうまくやる必要があります。
まずは探偵に相談してみてアドバイスをもらうといいでしょう。